img189.jpg

Exhibitions Top > 中埜暢人・朗子・木工・截金展






平成29年12月27日(水)~12月31日(日)
阪急うめだ本店 7階 美術画廊






木の温もりを生かし、轆轤の技術をもとに独自の造形を生み出す中埜暢人。
その作品に仏像や仏画など宗教芸術に用いられる繊細で優美な截金の技術によって
妻朗子が新たな生命をふきこみます。
伝統の技の融合から生まれる作品の数々、日々の暮らしで楽しんで頂ける
小物やアクセサリーも出品致します。

中埜暢人 朗子





作歴

中埜暢人

1954年 京都五条坂生まれ
1977年 武蔵野美術大学卒業
1978年 石川県山中町立漆器研究所にて轆轤挽きを習う
1979年 家業の唐木工芸を継ぐ

中埜朗子

1957年 東京都生まれ
1980年 東京女子大学卒業
1984年 松久宗教芸術院霧金教室で截金習得
1988年 松坂屋銀座にて夫と木工、截金展








blog_4.pngblog_4.png

facebook_3.png









bars.png


ex5.png